HOME>特集>プロポーズで贈るお花は生花が良いの?

プロポーズで贈るお花は生花が良いの?

女の人

生花のお花の魅力とは

彼女と結婚をしたいのであれば、心に響くプロポーズをして了承をしてもらい、結婚へと進んでいかなくてはなりません。プロポーズの時には指輪と一緒にプレゼントも渡したいですが、花を一緒に渡すといい演出をしてくれますので良さそうです。渡す花に関しては特に決まりはありませんので、生花でもプリザーブドフラワーでも問題はありませんし、好みで選ぶ事も出来ます。生花で渡す魅力としては、素敵な匂いに囲まれてプロポーズをされる事になりますので、匂いの記憶としても残す事が出来る所でしょう。何かの時に同じ匂いを嗅ぐたびに、プロポーズの時のことを懐かしむことが出来ますので、素敵な記憶を残す手助けをしてもらえるようになります。

男女

プリザーブドフラワーだと手元に残せる♪

プロポーズの時に渡す花は真っ赤のバラの大きな花束を考える人も多いですが、生花でなければならないわけでもありませんし、バラにこだわる必要もありません。最近人気が出てきているのが、プリザーブドフラワーを手渡す人も増えていますので、どちらにするかを考えてもいいでしょう。プリザーブドフラワーの魅力は、長期間手元に残して置ける点が魅力になりますので、生花のように枯れたら終わりというわけではありません。長くものを大事にとっておくタイプの彼女にプロポーズをするのであれば、プリザーブドフラワーの方が喜んでもらえるはずです。彼女がどんなプロポーズを望んでいるかがわかれば成功できますので、彼女の立場になって考える事です。