HOME>レビュー>お花屋さんに聞きました!プロポーズ用の花束で選ばれるお花の種類♪

お花屋さんに聞きました!プロポーズ用の花束で選ばれるお花の種類♪

プロポーズ

お花のことはお花のプロに聞きましょう。プロポーズに最適なお花や本数について、お花屋さんに聞いてみました。最近では、花言葉に注目する男性が多いようです。是非、参考にしてみてください。

レビュー一覧

王道の真っ赤なバラが人気です。(30代|男性)

大切な人にプロポーズをする際にお花は欠かせませんが、その際に人気のお花と言えば何と言っても真っ赤なバラではないでしょうか。情熱的な赤いバラが、感動のシーンにぴったりです。実際に真っ赤なバラを手にする人も大変多く、これまで多くの人の幸せのシーンに選ばれてきました。情熱的な赤が二人の愛をさらに燃え上がらせてくれます。また、赤いバラを好きな女性も大変多く、香り高い気品溢れるバラがプロポーズのシーンにぴったりです。王道ではありますが、王道ならではの良さがバラにはたくさんあります。みんなが選ぶのが納得の存在感たっぷりのお花なので、プロポーズの際に選んで間違い無しではないでしょうか。そんな素敵なシーンに選んでみて下さい。

花言葉を調べて購入する人も増えています。(20代|男性)

実はプロポーズの際に大切な人に渡すお花を、花言葉によって選んでいる人が多くいます。色々ありますが、素敵なものとしてはチューリップは「愛の告白」、マーガレットは「真実の愛」となっており大変人気です。また、王道のバラですが、実は本数によって意味合いが変わってきます。108本はそのまま「結婚して下さい」、99本は「永遠の愛」です。ただし、ここまでの本数はちょっとと言う一でも安心です。1本の場合は「一目ぼれ」、9本の場合は「永遠の愛」など少ない本数でもしっかり気持ちを伝える事が出来るので、バラを選ぶ人も多くなっています。花によって色々意味合いがあるので、自分なりのメッセージで選んでいる人も大変多く人気になっています。